Manis-hのロフトベッド

北欧の白いロフトベッド

ロフトベッドは2タイプ

 Manis-hの白いロフトベッドは155と193の高さが異なる2タイプがあります。155はスタンダードな高さで、193はハイタイプのロフトベッドとなります。ベッド下の空間に机やチェストを置いて立体的にお部屋を使うことができます。真っ白な仕上がりでシンプルなデザインのこのロフトベットは、大人になってもお使い頂けます。



ロフトベッドのラインナップ



Manis-hロフトベッド155

Manis-hロフトベッド193

 お子様の年齢やライフスタイルに合わせ、プロテクションガードや引き出しなどのオプションもご追加頂くことができます。

Manis-hベッドの拡張性


 Manis-hのベッドはお子様の成長に合わせ、ベッドのスタイルを変えていくことができます。例えば最初はミニロフトベッド、お子様が大きくなったらロフトベッドへ。そして、将来成人し独立した時にはシングルベッドへと組み替えることができ、大人になってもお使い頂けます。


ロフトベッドのビフォー・アフター



大人になっても使えるベッド

 Manis-hベッドはご購入頂いてから5年経っても、必要な部品を追加でお求め頂くことができます。ですから、お子様の成長に合わせ、ベッドのスタイルをチェンジすることもできます。

2タイプの比較

Manis-hロフトベッドの比較

 Manis-hのロフトベッドを比較すると、高さが155と193の2タイプになります。それぞれ上段ベッド下の空間の高さが異なります。ハシゴの形状は垂直のみとなり、左右のどちらかに取り付ける事ができます。

ロフトベッドのラインナップ